選手イメージ

Hi-RIGE RACINGとは?

・Impossible Is Nothing(不可能を可能に)
・Endure And Be Creative(忍耐強く、そして創造的に)

不可能な目標を実現可能なものにするために、競技に情熱を注ぎながら忍耐強く努力を積み重ね、時にはクリエイティブな発想で現状を打破していきます。 これらは競技者としてだけでなく、社会人として必要不可欠で根元的なもの。その精神は競技者引退後も活き続けていきます。

梅田祐輝 梅田祐輝
梅田 祐輝 UMEDA YUKI
1985年2月13日生 埼玉県東松山市出身。
1歳半にベビースイミングを始め、高校生まで競泳を続ける。競泳ではジュニアオリンピック、全国中学、インターハイ出場。日本大学に入学後、トライアスロンを始め3年4年次にはインカレ出場。卒業後はIT系の一般企業に就職するも、一念発起してプロ活動を開始。2013年〜日本トライアスロン連合強化指定選手。2016年ジャパンランキング9位。W杯日本代表。『不可能を可能に』という信念のもと、世界を目指し活動中。
高嶺直美
高嶺 直美 TAKAMINE NAOMI
1986年11月28日生 千葉県千葉市出身。
5歳で水泳を始め、中学高校と当時、競泳で力のあった品川女子学院に進学。ジュニアオリンピック、全国中学で共にリレーで優勝。その後は東京女子体育大学に入学しトライアスロンを始める。2年時に初めて日本選手権に出場、4年時でインカレ5位入賞を果たす。世界にチャレンジしたいと思い、卒業後はプロとしてトライアスロンを続ける。2013年日本選手権11位。2016年国民体育大会6位入賞。
高嶺直美

活動実績

2019年
東京トライアスロン選手権
優勝 梅田

2016年
ITUワールドカップ
日本代表 梅田

2016年
ASTCアジアカップニュータイペイ
3位 梅田

2016年
日本トライアスロン選手権
11位 梅田

2019年
ASTCアジアカップポカラ
3位 高嶺

2019年
IM70.3バッセルトン
優勝 高嶺

2016年
希望郷いわて国体
6位 高嶺

2016年
東京トライアスロン選手権
準優勝 高嶺

設立の経緯と趣旨

チーム画像

トライアスロンをする楽しさと、プロ選手を応援する楽しさ。その両方を知っていただきたい。

私は、2014年にトライアスロンプロショップHi-RIDGEをOPENいたしました。
当初よりトライアスロンの認知度を高めるにはお客様達にトライアスロンライフ向上していただく中で、プロ選手と交流していただくことにより、競技を超えて、人として、生き方を応援するという楽しみを知ってもらいたいと考えております。
これまでHi-RIDGEは、多数の世界で戦うためのアスリートを育成、そして物品サポート含め尽力してきました。また近年では、Hi-RIDGEサポート選手を男女1名ずつの選手が日本でのメジャーレース、また世界で行われるポイントレースに参加し上位に食い込むまでとなってきました。 そこで、TOKYO Hi-RIDGE RACINGというプロのトライアスロンチームを設立し、まずはトッププロ選手達が不利なくまた思いっきりレースに挑戦しやすい環境を作り、トライアスロンを通して東京におけるスポーツ文化の発展に寄与したいという考えに至りました。 他競技に比べると知名度はまだまだですが、近年今日人口が急増しています。今こそチームを立ち上げ、トライアスロンをプレイする楽しさと、プロ選手を応援する楽しさを知る大きなチャンスだと考えています。選手達も強化へとトレーニング計画し、着々と目標に向かって歩み始めています。 私達の活動がトライアスロン競技をもっと身近なものにし、スポーツ文化をより発展させる一助になると信じています

2017年3月
TOKYO Hi-RIDGE RACING
監督 高嶺 寛己

設立の経緯と趣旨

チーム画像
チーム画像

オフィシャルスポンサー募集中

世界で戦うために私たちにはパートナーが必要です。

日頃より多くの皆さまにご支援をいただき誠に感謝しております。
東京を本拠地としたプロトライアスロンチーム『TOKYO Hi-RIDGE RACING』 現在オフィシャルスポンサーを絶賛募集中でございます。 選手たちは世界の舞台に挑む可能性を拡大するために、日々のトレーニングに加え、強化合宿を行い、世界ランキングを上げるために国内外のレースを転戦し国際ポイントを取得しております。 日本で一番、世界を目指し活動しておりますが、高額な合宿費、遠征費を捻出しきれないでいるのが現状です。 選手達が競技に打ち込める環境を整えるにはみなさまの熱いご支援が必要です。

スポンサーのお問い合わせ

3営業日以内に返信致します。

チームについてのお問い合わせ

チーム参加希望などのお問い合わせはこちらへお願いします。